2008年01月29日

東京カレー屋名店会

日曜日に、用事のついでに有楽町へ。

夕方の4時ごろだったのですが、ちょっとおなかがすいたので去年の10月にできた有楽町イトシアへ。

これができる前にあった甘味処「おかめ」でぜんざいでも、と思ったのですが並んでたのでパス。カレーでもいいか、と思い、地下に降りて、クリスピー・クリーム・ドーナツの大行列の横を「1時間待ちで〜す」という声を聞きながら通り過ぎて、「東京カレー屋名店会」へ。

都内の5つの名店のカレーから2つを選んだ組み合わせのセットが6種類。ちょっと悩んで、京橋ドンピエールのキーマカレーと本郷プティフのコーロカレーのFセットにしてみました。時間が中途半端だったせいか、2〜3分待ちで座れました。

えーと、カレーはおいしかったです。でも、不満点がいくつか。


  • 狭い。イートインなのでしかたがないのでしょうが、カウンター12席くらいで、一人分の幅が狭いし奥行きもあまりありません。水や漬物が2〜3人に一人くらいの割合で配置してあるのですが、隣の人にぶつかりそうで手が出せませんでした。

  • 量が少ない。カレーは2種類それぞれが握りこぶしくらいの容器に入っています。ご飯はお茶碗に1杯半くらいでしょうか。女性向けならちょうどいいのかもしれませんが、男性向けには明らかに少ない感じ。一応+100円で大盛りにできますが、隣の人が頼んでいたのを見る限りでは、そんなに増えた感じがしてませんでした。

  • その割りに高い。一番安いAセットで880円、今回頼んだFセットだと1200円です。場所柄しょうがないとは思うのですが、量とかサービスとかを考えると、どうしても割高感が否めません。普通にそのお店にいって食べたほうがましかも、とか思ってしまいます。


というわけで、んー、2回目があるかどうかは、微妙ですねぇ。
posted by xin at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「インターネットマシン」ソフトバンク922SH

ソフトバンクから、大画面+キーボードの携帯が発表されてます。

ソフトバンク922SH「インターネットマシン」詳細 - Engadget Japanese

機能的には、GPSやFelicaがついてない点で触手が伸びないのですが、あまりビジネスくささを感じさせないのはいいですね。女性に受けそうな気がします。

ですが、一番気になるのは愛称ですね。
「インターネットマシン」って、50年前のSFに出てきそうなセンスはどうにかならなかったのでしょうか。

posted by xin at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。