2008年03月31日

お手軽DNA鑑定キット

赤ちゃんとの血縁関係を迅速に調べられるDNA鑑定キットだそうです。
時事ドットコム:赤ちゃんの父親は誰?=米社が鑑定キットを店頭発売
 鑑定キットを購入し、例えば、調べたい男性と赤ちゃん双方の唾液(だえき)を同社に送ると、5営業日以内に親子か分かるという。(中略)
 従来は親子関係を遺伝子診断するには、医師や弁護士を介するため時間やコストがかかった。新商品は、鑑定料を含め149ドル(約1万4900円)とお手ごろだ。
というわけで、「この子は本当に俺の子か?」と思い悩むお父さんには朗報ですね。

実際のところ、おなかから出てくることで自分の子供だと確実に認識できる母親と違って、父親はあくまで「推測」の域を出ないわけです。ある意味配偶者との信頼関係がたより。
それを、このように手軽に確認できるのは、男性にとっては良いことだと思います。

ただ、女性は嫌がる人が多いのでしょうね。これを使用することに対して、夫婦の間で「私を信用していないのね?」「やましいところがなければ使用に反対する必要はないよね?」というぶつかりあいが発生し、それ自体が夫婦の間のいさかいの元となる可能性大です。

使用はこっそりと行うのがよいようです。
ラベル:DNA 家族
posted by xin at 03:13| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お花見

職場の花見がありました。…雨の中。

日程があらかじめ決まってたし、先発隊が料理を作り始めてしまったのであとに引けなかったんです。桜の下、みんなで傘を差しつつお酒を飲んだりつまみを食べたり…。

暖かい豚汁のおいしかったこと。
でも、雨にぬれた満開の桜はきれいでした。花散らしの雨にはならなかったのも良かった。

とはいえ、さすがに早めに切り上げて、飲み屋で暖まりました。

やっぱり早めの判断は大切ですね。
ラベル: 花見
posted by xin at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上々颱風@品川教会グローリア・チャペル

3月26日、品川教会で行われた上々颱風のライブに行ってきました。平日の夜ということもあり、スーツ姿の人もちらほら見かけられました。

ライブは、マントさんがドラムセットではなくてスチールパンやパーカッション、陽子さんもキーボードではなくてピアノにパイプオルガンで、映美ちゃんいわく「半生」タイプでした。

ただ、通常のコンサート会場より狭いとはいえ、かなりの容量のある場所だったこと、また場所柄か、スローテンポなアレンジが多かったことで、かなり音、特にメロディラインの弱さが目立ってしまっていました。

そういった意味では個人的にはすこし不満かなぁ、と。

その中でも光っていたのは、ハリセンローズと青空です。
ハリセンローズは、あれだけオバカな曲をまじめにコーラスして、パイプオルガンの音もあってまるで荘厳なゴスペルを聞いているかのようでした。

また青空は、紅龍のピアノ弾き語りでした。青空は基本的に郷子さんソロがすきなのですが、紅龍版もとても良い雰囲気でした。

場所としてはとても良いので、今後は、パイプオルガンをもっと生かした楽しい集会を期待しております。


そういえば、今日のチベットリンク。
ぼやきくっくり | 「ムーブ!」チベット抵抗史 ペマ・ギャルポさん出演
ラベル:教会 上々颱風
posted by xin at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。