2009年07月18日

表現の自由

TBSのやらせ清掃めぐり、BPOが総務省対応に「重大な懸念」 - MSN産経ニュース
TBS系報道番組「情報7daysニュースキャスター」が、二重行政を批判するため通常ではない手順で業者に道路清掃をやらせて放送した問題をめぐり、放送倫理・番組向上機構(BPO)放送倫理検証委員会の川端和治委員長は17日、総務省がTBSに行政処分を下したことは、表現の自由を萎縮(いしゅく)させかねず「重大な懸念を抱かざるをえない」との談話を発表した。
視聴者をだましてたのですから処分はあたりまえ。それがなぜ「表現の自由を萎縮」って話になるんでしょうか。マスコミの「表現」には、嘘をつくことも含まれているってことですかね。
川端委員長は、委員会としての対応策を検討しているうちに行政指導があったとして、総務省は放送界側の自律的な対応を尊重すべきだと述べた。  一方、やらせ問題そのものについては、「問題が小さく、TBSが(番組制作にかかわった社員5人の)社内処分も済ませ、再発防止策を自主的に実行していることを踏まえ、委員会としての審議はしない」とした。
「自分たちが甘い処分を出しにくくなるから行政は口を出すな」と言ってるようにしか思えませんね。マスコミには自浄作用は期待できないということでしょうか。

今日のチベットリンク:
中国・新疆ウイグル自治区の暴動、チベット暴動との類似性とは 国際ニュース : AFPBB News
タグ:TBS マスコミ
posted by xin at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。