2009年10月03日

日本語がわからない生徒の受け入れ

編入に難色、職務怠慢で教諭処分 外国籍生徒への受け入れ - 47NEWS(よんななニュース)
教諭2人は校長からクラス決定などについて再三指示されたが「しんどい」「完全なマニュアルがないと無理だ」などと主張して従わず、最初の2週間はクラスも決まらない状態だった。
これは致し方ない面もある気がしますね。
生徒は日本語がほとんど話せないが、市教委は「外国籍の生徒でもスムーズな受け入れが当然。拒否と取られかねない態度で職場の秩序を乱した」としている。
日本語がほとんど話せない生徒って、そもそも授業受けてわかるんですかね。音楽や体育ならともかく。

教師だって万能じゃないんですから、それこそマニュアルとか、言葉のわかるサポートの人とかがいないと、授業そのものに大きな影響がでるのは目に見えてます。で、そうなると一般生徒のモンスターペアレントが、子供のが授業をまともに受けられていないとか怒鳴り込んできたり。

どうみても爆弾抱え込んでるようなモノなので、そこらへんの責任関係をきっちりさせないと、これはやりたがる人いないでしょう。

そもそも、なんで日本語わからない子供を、たとえばインターナショナルスクールとかじゃなくて普通の学校に入れようと思ったのか、親の考えも聞いてみたいものです。
タグ:教育
posted by xin at 02:08| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結果が反映されないアンケート

低額カット店に洗髪義務付け、「意味あるの」反論も…群馬 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
県はこれまで、衛生面の実態調査や県民アンケートを実施、さらに有識者ら5人の検討委を設置して議論してきた。実態調査によると、洗髪設備の有無で衛生状態に差が出ることはなかった。アンケートでも、設備がないことを「特に問題ない」「快適ではないが、不衛生とは思わない」との回答は合わせて6割を超えた。これらを踏まえ、検討委は「義務化の合理的理由は見いだせない」と結論づけていた。検討委の委員長を務めた大河原真美・高崎経済大教授は「県の判断に反映されたのかは疑問で、違和感がある」と話す。
こういうのといい、官庁がよくやっているパブリックコメントといい、最初から結論ありきで、結果が全く反映されない調査・アンケートってありますよね。まったく、意味がない。

まあ、もう少しうがった見方をすれば、なんで検討委員会のメンバーにちゃんと「義務化が必要」という結論を出してくれる人々を選ばなかったんだ、群馬県段取りわりーな、って話でもあるんですけど。

今日のチベットリンク:
鳩山首相、チベット問題は「内政問題と理解」 首脳会談で
はいはい、友愛友愛。
posted by xin at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。