2008年02月28日

民泊

民泊ってのがあるらしいんですが。

特定アジアニュース: “不法滞在者の隠れ家”と見られてきた「民泊」が生まれ変わりつつあるニダ!
マンションや一軒屋に間仕切りを施し、2段ベッドを数台設置しただけの簡素な宿泊施設。
いわゆるドヤ街にある、簡易宿泊所みたいなものでしょうかね。

一泊3000円で韓国語が通じてネットも出来て、と確かに便利なんでしょうけど、
新宿区の保健所に「旅館業」で登録されている大久保・百人町地区の宿泊施設は、約70カ所に上る。(中略)大久保・百人町地区内で、看板などから所在が確認できた民泊は14カ所。そのうち旅館業として登録している民泊は、3カ所に過ぎなかった。
登録率が5%ないって、ひどすぎでしょ。
こういうのはきっちり取り締まってもらいたいですよね。
ラベル:特亜 韓国
posted by xin at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。