2008年03月23日

ampmで書籍販売拡大

収納代行のため、普段あまり行かないam/pmに立ち寄ったのですが、中に入ってちょっとびっくり。

レジ前の良い場所に本棚が並んでました。

普通コンビニの書籍販売というと、50cmくらいの本棚が雑誌だなの横にちょこんと置いてあって、売れ筋や新刊のコミックスや文庫がおいてある程度なのですが、そのampmでは、幅1.5mくらいの本棚が表裏2面に、さらに平置きまであって、その一角だけ本当の本屋さんみたいでした。

ちょっと検索してみるとこんな記事が。
ampm:DVDレンタル+書籍販売 併設店拡大へ

首都圏が地盤の中堅コンビニ、エーエム・ピーエム・ジャパンは、来年夏をめどに
東京都内の3分の1に当たる約200店を、DVDレンタルや書籍販売の併設店とする
方針を明らかにした。大手レンタル店などが大型店化を進めた結果、駅前の
小規模レンタル店の閉店が相次いでいることから、その代役として「コンビニに
寄るついでに借りる需要を狙う」(相沢利彦社長)という。

150平方メートル程度の同社店舗のうち約50平方メートルをDVDレンタルと
書籍販売のスペースに活用。DVDは2000タイトル計6000本、書籍は200タイトル
計1000冊程度を置く。いずれも新作や売れ筋商品に絞る。

評判を見定めて、東京都以外への拡大も検討する。同社は、都内などでレンタル
DVD併設の新業態「エーピー・エンタ」を6店展開しているが、通常店の倍近い
面積が必要で、出店は進んでいなかった。

同社の既存店売上高は1日当たり約45万円。レンタルDVDなどを扱う差別化により、
併設店では最大手のセブン−イレブン・ジャパン並みの同55万円を見込む。

毎日新聞 2007年4月10日 3時00分
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20070410k0000m020152000c.html
(リンク切れ)
今日行った店はこの対象になったのでしょう。

でも、最近書籍はネットで買うことが多くなったので、個人的には使いそうにないです。残念。
posted by xin at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90613439

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。