2008年04月02日

犯罪報道は制限すべき

MORI LOG ACADEMY: 無差別殺人に対する防御
この種の犯罪を抑制するためには、犯罪について報道を制限することが必要だと思う。すなわち、加害者の顔写真を公開したり、その生い立ちを紹介したり、親族にインタビューしたり、という報道をしない方が良い。犯行後に自殺をして、遺書を残していても、それを一切報道しない方が良い。何故なら、それらをしてほしいから事件を起こしたのであって、加害者の夢をマスコミが叶えてやっていることになる。
一考に値する意見だと思います。

そういえばマスコミは、犯罪者が、格闘ゲームやアニメを見ていた、と声高に報道することはありますが、犯罪報道が山ほど掲載されている新聞や、毎日のように犯罪の詳細が流れるニュースを見ていた、とは報道しませんね。

差別的な扱いですね。


今日のチベットリンク
中国、日本立ち寄りに反対 ダライ・ラマ乗り継ぎで
ラベル:マスコミ 犯罪
posted by xin at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。