2008年05月08日

私的録音録画補償金

iPod課金ですね。
asahi.com:iPodに「著作権料」上乗せ 文化庁提案へ - 文化・芸能
「そういえば、著作権法の私的使用のための複製と私的録音録画補償金ってどう整合とってるんだろ」と思っていたのですが、私的録音のうちデジタル録音・録画は補償金を払う、と著作権法が改定されていたのですね。
著作権法
第三十条 著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。
(略)

2 私的使用を目的として、デジタル方式の録音又は録画の機能を有する機器(放送の業務のための特別の性能その他の私的使用に通常供されない特別の性能を有するもの及び録音機能付きの電話機その他の本来の機能に附属する機能として録音又は録画の機能を有するものを除く。)であつて政令で定めるものにより、当該機器によるデジタル方式の録音又は録画の用に供される記録媒体であつて政令で定めるものに録音又は録画を行う者は、相当な額の補償金を著作権者に支払わなければならない。

でもこれ、納得できないです。
この改正は、デジタルだとコピーでも質の劣化がないから、みたいな理由らしいのですが、そもそも30条は家庭内とかの限られた範囲だからコピー可、というものですよね。範囲が限れられているということと質が劣化するしないは関係がない。家庭内でもだめ、というならデジタルに限らず補償金をとるべきだし、家庭内OKならデジタルだろうがなんだろうが補償金などいらないはず。

補償金、ってのもなんか変。MDとかには課金されていたそうなのですが、例えば、お気に入りの曲を通勤通学時に聞くためにCDからMDにコピーしているようなとき、MDにコピーできなかったらCDをもう一枚買うかというとそんなことはないです。昔ながらのウォークマン(カセットテープ)に入れるか、あきらめるか、でしょう。そもそも使用形態がちがうのだからCDをもう一枚買っても仕方がない。

そういった整理や検討がまったくなされないまま、「デジタル→質が劣化しない→金のタネ!」「MDが売れなくなった→じゃ、iPod!」のような脊髄反射的な法律や政令作りというのは、非常に問題があると考えます。

 一方、著作権団体の「秘策」は、6月2日から導入する方針の「ダビング10」の拒否だ。デジタル放送のテレビ番組を自宅のハードディスク内蔵型レコーダーなどに録画した後、DVDなどに9回複製できる新しい方式だ。

ダビンク10とかも、上で書いたようなことをまったく考慮せず、「コピーできないと不便?う〜ん、じゃ、9回でどうだ!」みたいない思いつきで決められたようにしか思えません。そもそもデジタル放送限定のはなしであるダビング10がどうしてiPod課金の取引材料となるのか。やくざの言いがかりですか?

ダビング10なんか別にいいので、私的録音録画補償金を一から検討しなおして欲しいものです。
posted by xin at 08:13| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96019238

この記事へのトラックバック

iPod課金
Excerpt: 私的録音録画補償金 iPod課金ですね。 asahi.com:iPodに「著作権料」上乗せ 文化庁提案へ - 文化・芸能 「そういえば、著作権法の私的使用の...
Weblog: スキャンダル・画像・情報
Tracked: 2008-05-08 08:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。