2008年04月24日

仕事で鬱病 解雇は無効

過労が原因の鬱病で解雇は無効、という判決です。
仕事で鬱病 解雇は無効 東芝に賃金支払い命令 :ニュース - CNET Japan

まだ地裁レベルで、会社側は早速控訴しているようなので予断は許さないのですが、これはかなりよい判決ですね。今までそうなっていなかったほうが不思議。

「過労死」に対する企業の賠償責任から、ようやっと「死亡」までは行かない精神疾患に対しても企業責任が問われるようになる時代になった、ということでしょう。鬱病だけでなく、精神的なストレスからくる胃潰瘍などの内臓疾患や自律神経失調などの身体的な疾患についても認められるようになっていくと良いと思います。

実は少し前、近くの部署で、過労による鬱病で長期休暇をしていた人が、休暇の期限切れで退職して行きました。そういう人に対する救済はやはり必要だと思います。

企業はこれから、よりいっそう従業員に対するヘルスケアをしっかりとしていかないといけないですね。
社長が「「社員全員が休日返上で働く企業だから成長できるし給料も上がる。」と公言するような偏差値の高い企業は、いつ爆発するかもわからない爆弾をいくつも抱えているのだ、ということを認識しておいたほうが良いと思います。


本日のチベットリンク
パリのダライ・ラマ名誉市民称号、中国「内政干渉」と非難 : 運営・話題 : ニュース : 北京五輪2008 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
パリ市議会がダライ・ラマ氏を名誉市民にすることが「内政干渉」だそうです。そういう非難自体がフランスに対する内政干渉なのですが、わかっているのでしょうか。
そもそも中国は、靖国参拝などで日本に対して内政干渉を繰り返しているわけで、

  __       __        __
  | ×| ΛΛ  | ×| ΛΛ   | ×|ΛΛ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 〃 ̄∩ ゚Д゚) 〃 ̄∩ ゚Д゚)  〃 ̄∩ ゚Д゚) < 全員一致で「お前が言うな」!
    ヾ.   )    ヾ.   )     ヾ.   )   \_________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
\                                         \
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
  |         おまえが言うな認定委員会                 |
  |                                          |
\|                                           |
posted by xin at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

人口維持のための永住権条件緩和法案

日本での居住・就労を希望する外国の方が永住権や日本国籍をとりやすくする法案を予定しているそうです。
時事ドットコム:人口維持へ永住権条件緩和を=自民・中川氏
 中川氏は、少子高齢化で将来の労働人口減少が見込まれることに関し「経済の活力(の維持・向上)には人口維持が必要で、今から対応すべきだ」と指摘。

これについては、ある程度仕方がないとは思います。
その前に、高齢者の活用や女性が出産後も働き続けられる社会環境づくりをしっかりとやるべきだとは思いますが。

ただ、
その上で「日本語や職業能力を身に付けた人に一定期間の在留資格を与える。永住権を認めるものの参政権は与えないやり方や、最終的に国籍を与えるやり方もある」と語った。

なんか永住権に参政権がペアになってるのが既定値のような言い方ですが、それは違うでしょう、と。

外国人に対する参政権は不用意に与えるべきではないです。
日本をどうしていくかは日本人が考えるべきこと。いくらその土地に住んでいるからといって、日本人じゃない人は最終的によそ者なんです。
これは差別じゃないですよ。国籍ってのはそういうもんだと思います。ようするに、「君は自分の国と日本が戦争したらどちらの味方?」という話です。これに迷わず「日本の味方」と言える、それを示すのが国籍でしょう。

同様に、「国籍を与える」ってのも慎重にするべきです。
本当に「日本」が好きなのか、自分の生まれた国を捨てて、「日本人」としてその土地に骨をうずめる気があるのか、をきちんと確認して欲しいです。
「いろいろ便利だから日本国籍をとるけど、心はいつまでも××国人」というような人はきっぱりお断りすべきです。

繰り返しますが、国籍ってのはそういうもんです。
posted by xin at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮へのボーナスの前に

時事ドットコム:「北朝鮮へのボーナスある」=韓国大統領に伝言依頼−福田首相
福田康夫首相は21日の日韓首脳会談の席上、韓国と北朝鮮が相互に連絡事務所を常設する構想が実現すれば、国交正常化後に経済協力をするとの日本の基本的立場を北朝鮮側に伝えるよう依頼した。

飴と鞭、という言葉もありますし、「いい子にしてたらご褒美ですよ〜」というのはアリだと思います。

ですが、国交正常化の前に
・拉致問題の日本側から見た完全解決
・核兵器の廃棄
が絶対必要です。それは忘れてませんよね、福田首相。

もちろん、いままで「○○するから金くれ」→「金はもらったけどやっぱやめた」の「やるやる詐欺」を繰り返してきた北朝鮮相手ですから、検証作業は厳しく徹底的にする必要がありますよ?

まあ、「拉致問題は解決済み。日本が騒いでいるだけ」「六カ国協議に日本は要らない。五カ国協議で」とか言っている北朝鮮の態度を見ていると、国交正常化はまだまだ遠いと思わざるを得ないのですが。


今日のチベットリンク
善光寺:聖火リレーに合わせチベット暴動犠牲者の追悼法要 - 毎日jp(毎日新聞)
善光寺で、26日の長野五輪聖火リレーに合わせて、中国チベット自治区などで起きた暴動での犠牲者を追悼する法要が営まれるそうです。
posted by xin at 03:27| Comment(0) | TrackBack(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

西川郷子 古民家ライブ@世田谷「春」

世田谷の「松陰コモンズ」大広間で行われた、西川郷子さんと小沢あきさんのライブに行ってきました。

松陰コモンズは築150年の古民家ということで、とても良い雰囲気です。20畳の大広間に縁側、ちょっと憧れますね。

郷子さんも声の調子が最近では一番だったと思います。
ヒールに憧れて作ったという新曲の魔女の歌も面白かったです。

お土産のお酒、山梨銘醸の「七賢」も、少し甘みがあるわりに後味がすっきりした、とても飲みやすいよいお酒。

このライブ、松陰コモンズの住人の一人が発起人となってほとんど手作りということなのですが、とてもアットホームで良い感じの運営でした。

場所良し・音良し。また機会があったら、ぜひ再演をお願いしたいです。


今日のチベットリンク
ダライ・ラマから学ぶWEB2.0時代のマーケティング - アンカテ(Uncategorizable Blog)
ダライ・ラマの弱いメッセージがWeb2.0的、という話。面白い視点です。
posted by xin at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

中国「アジアで注文付けるのは日本だけ」

「アジアで注文付けるのは日本だけ」・チベット問題で中国外相 − NIKKEI NET
中国の楊潔チ外相が「アジアの中でこの件で注文を付けてきているのは日本だけだ」と述べていた

櫻井よし子「あなたのおっしゃるアジアってどこの国のことかしら?」
posted by xin at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

「空自イラク派遣は憲法9条に違反」の「判決」

asahi.com:「空自イラク派遣は憲法9条に違反」 名古屋高裁判断 - 社会
名古屋高裁(青山邦夫裁判長)は17日、航空自衛隊が首都バグダッドに多国籍軍を空輸していることについて「憲法9条1項に違反する活動を含んでいる」との判断を示した。
ということなのですが、これは、次のような問題を孕んでいます。

・「高裁の判断」が最高裁でチェックされる機会がない
当然、政府としてはこの判断は不服のはずです。しかしながら、
勝訴した被告の国側は上告できないため、今回の高裁判決は確定する見通しだ。
とあるように、判決自体は国の勝訴のため最高裁に上告することはできません。原告側が「実質勝訴」として上告しないと、この裁判が最高裁で審議されることがないわけです。

もともと「憲法判断」は、最高裁でも15人の裁判官全員が出廷する「大法廷」で審議するようなこと。そういう「重い」判断が、高裁レベルで決まってしまうことは大きな問題です。

・マスコミの「誤誘導」
上記のような「高裁レベルで判断が決まってしまう」というのがなぜ許されているかといえば、今回のような「判断」が何ら権威や強制力を持たないからです。

「判決」において権威や強制力を持つのは「主文」と呼ばれる箇所。今回の判決で言えば「原告の請求を棄却する」ということのみです。憲法違反という「判断」が書いてあるのは理由のところですが、これは裁判官が主文の判断を下すにいたった考えを縷々述べているところで、ある意味裁判官の言い訳というか判決を読む人に対する親切といった部分。はっきり言ってしまえば裁判官の独り言に近いものです。
ここに何が書いてあろうが、実社会には影響を及ぼさない、及ぼすべきではないところ。

ところが一部マスコミは、あたかも「憲法違反」という判決が確定するかのような報道をしています。
例えば毎日新聞の社説では、
イラク復興特別措置法に基づく航空自衛隊のバグダッドへの空輸活動を違憲とする判決が出た。
というように、まるで憲法判断が裁判の中心だったかのような書き方です。その後も

違憲判決:自衛隊のイラク撤退求める声明 愛知県弁護士会 - 毎日jp(毎日新聞)
イラク輸送違憲:名古屋高裁判決に「来年が潮時」の声も - 毎日jp(毎日新聞)
自衛隊イラク派遣:一部違憲判決後初、空自100人帰国−−愛知・小牧基地 - 毎日jp(毎日新聞)

と、「違憲判決」という表現を続けています。

朝日新聞の社説でも、
イラク判決―違憲とされた自衛隊派遣
というタイトルで微妙な誘導ぶり。

個人的には、イラク派遣に対する意見はないのですが、物事を正確に伝えようとせず、自分たちの都合のいいように情報を加工することで民衆を一定方向に誘導しようとするマスコミの態度には、不信感を抱き続けています。


今日のチベットリンク
善光寺が五輪聖火出発式を辞退、長野市は出発点変更へ : 運営・話題 : ニュース : 北京五輪2008 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
長野の聖火リレーの出発点であった善光寺が出発式を辞退しました。仏教徒として、チベット問題を見過ごすことが出来ない、ということのようですね。
タグ:マスコミ
posted by xin at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

神奈川県の禁煙条例

これはいいですね。
禁煙:飲食店もパチンコ店もすべて 神奈川県が条例提案へ - 毎日jp(毎日新聞)
県が発表した「基本的考え方」は、公共的施設を「不特定多数の人が利用する施設で、室内またはこれに準ずる環境にあるもの」と定義しており、▽飲食店▽娯楽施設▽学校▽病院▽百貨店▽宿泊施設−−など16種を列記している。施設内で喫煙した人や、禁煙の徹底を求める県の命令に従わない施設には罰金を科す。

食べ物屋さんで食事をしているとき、隣の人がタバコを吸い始めたりすると、せっかくの料理がタバコのにおいで台無しになってしまい、かなりイラつきます。

モスバーガーとかで、店内に隔離された喫煙スペースを設けているところがありますが、ほかの店もそういうスペースを作れば店内でタバコを吸いたいという需要もまかなえて良いのではないでしょうか。

この条例が、神奈川県だけでなく全国に広まり、ひいては法律になる日を願っています。


今日のチベットリンク
西側メディアのチベット報道を皮肉る曲、中国でネットに(ロイター) - Yahoo!ニュース
中国のネットに、チベット騒乱に対する西側メディアの報道を皮肉った「Don't be too CNN(CNNになり過ぎるな)」という曲が出回っているそうです。
タグ:禁煙
posted by xin at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

中国の「友人」

中国の「友人」の意味が良くわかる話ですね。
「誰が真の友人か分かる」 五輪開会式問題で王毅外務次官 - MSN産経ニュース
「北京五輪の国際聖火リレーが成功裏に終わった後、(各国の対応から)誰が中国人の本当の友人かが分かる」

「中国は世界にほほ笑みで対応している。多くの国や人々がほほ笑みで応えてくれるが、別の顔を見せる人もいる」
中国にとっては、自分たちが何をしてもにこにこしながらついてきてくれるのが友人のようです。

しかし、中国以外の国では、ちょっと意味が違います。
人が間違ったことをしていたら、あえてそれは良くないと諌めるのが真の友人です。中国の言う「友人」は、一般的に腰ぎんちゃくとか奴隷とかイエスマンとか呼ばれるものです。

こんなふうに脅しのような言葉をかけることもあわせて、中国が他の国々をどのように見ているのか、どのように扱いたいのかが良くわかる話です。


今日のチベットリンク
わが聖地・チベットの苦しみ:野口健(アルピニスト)(1)(Voice) - goo ニュース
登山家でエベレストや富士山の清掃活動もしている野口健さんがチベット問題について語っています。
posted by xin at 08:50| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

韓国が中国の勢力圏へ

韓国が、中国を警戒しているという話なのですが、
チャイナ・ハンズが見る日本―C − NET EYE プロの視点
 なぜ韓国人はそんなに誇張した主張を、なぜ今、なぜ日本人に語るのだろうか。さらに話を聞くと、謎が解けてくる。彼らは最後にはこう付け加えるからだ。

 「韓国までもが中国の勢力圏に入るのを日本は黙って見ているのか。それが嫌なら、中国の北支配構想を日本は阻止せよ」。
なんという他力本願。

というかですね、前大統領が「アジアのバランサー」とか言い出した時点で、すでに韓国は中国の勢力圏に入っていると思っていたのですが。

ネタ的に言えば、あの国のあの法則もあることですし、韓国が中国の勢力圏に入るのを「どうぞどうぞ(by ダチョウ倶楽部)」といいつつwktkして見ているのが楽しそうなのですが。


今日のチベットリンク
Students for a Free TIBET Japan
SFT(Students for a Free TIBET)は、非暴力で平和的な社会的、政治的、経済的活動を通じて、世界中の若い世代にチベットで起こっている人権侵害の現状を知ってもらい、支援活動への意識を高めると同時に、チベット問題の平和的な早期解決を求めることを目的に設立された団体です。
とのことです。4/24の北京五輪公式聖火リレーにあわせたアピール活動を行うそうです。
タグ:特亜 中国 韓国
posted by xin at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

死刑執行への抗議

歴代の方々に比べると死刑執行数が多い鳩山法相ですが、先月も4人の死刑執行が行われました。それに対する抗議だそうです。

東京新聞:死刑執行に廃止議連が抗議 「機械的処刑、許せない」:社会(TOKYO Web)

日本には表現の自由がありますから、抗議自体はなんら咎められるべきものではないと思いますが、問題は弁護士の安田氏による次の発言。
確定6カ月以内に執行するとした刑訴法の規定に近づけようとしているのではないか。
刑事訴訟法の規定に近づけることが間違っているかのような口ぶりです。

現行の法律が間違っていると思い、それを変えようと活動することはかまいませんが、それでも法律は法律。法律に従って行動している人を非難し、法律に反する行動をとらせようと扇動するのは、とくに司法に携わる人としてはあるまじきことだと思います。

前にも書きましたが、私は死刑は法律にのっとって粛々と実行すべし、という考えなので、この件に関しては鳩山GJ、の立場です。


今日のチベットリンク
<チベット>コカコーラのポスターは「独立を支持」?!不買運動広がる―中国:レコードチャイナ
僧侶がジェットコースターに乗っている写真のポスターがチベット独立支持しているから、という理由で不買運動が起こっているそうです。
中国側もかなり過敏になっているようですね。
タグ:死刑 司法 政治
posted by xin at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。